ホーム > 読書 > 蒼林堂古書店へようこそ

蒼林堂古書店へようこそ


読んだ本の紹介です。
一昨々日、一昨日に読んだ本『蒼林堂古書店へようこそ』。


最後の章を読むまでは、なんとなくマンネリな気がしていて、乾くるみさんの作品らしくないなと思っていました。

最後は流石だなという結末。

作中で色んな本が紹介されていて、読んだことがないものばかりだったので、次に読む本の参考にしようかなと思いました。

蒼林堂古書店、僕も通いたい。


広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。